更新履歴
■求人募集終了に伴い,該当ページを削除しました。(2012/7/4)
公正証書遺言を作成する場合の流れ〜クリアー行政司法書士事務所にご依頼いただいた場合〜 を掲載しました。(2011/10/13)

なぜ遺言書を書いたほうがいいのか〜誰も言わないけど大切なこと〜 を掲載しました。(2011/10/10)
遺言書に関する出張無料相談実施のお知らせ を掲載しました。(2011/10/10)
事務所メンバー紹介 を更新しました。(2011/10/7)
事務所紹介に 相談予約から相談までの流れ を掲載しました。(2011/10/4)

電話連絡可能時間帯のご案内

平素は弊事務所をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
電話連絡時間について,以下の通りお知らせします。

【電話連絡可能時間】 午前10時〜12時 午後1時〜午後5時まで

現在,事務員に欠員が生じております。労働諸法令に基づき事務員の休憩時間を確保する必要があるため,正午12時から1時間は電話連絡可能時間外といたします。
また,営業時間外でも電話に出ることがありますが,原則として上記時間帯が電話連絡可能時間の原則として対応いたします。

また,すでに当事務所へご依頼いただいている方には,極力メール等で問い合わせにご協力をお願い申し上げます。
問い合わせフォームはこちらです。


ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。
相互リンクについて
リンクのページに明記してありますが,現在相互リンクの受付は停止中です。相互リンク希望のメールをいただきましても,対応いたしかねます旨予め申し上げます。
携帯電話からのメール問い合わせについて
平素は弊事務所をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

携帯電話のメールで,当事務所のメール宛にお問い合わせいただく方がいらっしゃいます。内容を確認し,随時返信はしておりますが,携帯電話の設定上の都合によりメールが届いていない可能性がある方がいらっしゃいます。
この場合,何度送って頂いても,またこちらからいくら返信しても届きませんので,一度お電話にて問い合わせいただくか,設定を変更した旨を明記した上で再度お問い合わせ下さい。

なお,法律相談はメール及び電話では行いませんので,その旨ご了承願います。
司法過疎地白老と唯一の法律家司法書士
はじめまして。司法書士の飯山と申します。
2007年1月に埼玉県内から北海道白老郡白老町に移転してきました。
よろしくお願い申し上げます。

司法過疎地に生きる司法書士

市区町村内に、法律家(司法書士、弁護士)が居ない地域を司法過疎地といいます。この地域では、法的なトラブルに遭っても、十分な法的サービスを受けることができません。本来は救済されるべきはずの方が救済されず、泣き寝入りすることになります。


私は、高校1年生の時にはじめて北海道に訪れ、その時に思ったのが、「いつか北海道に住みたい」とは思っていましたが、埼玉県で事務所を構えて数年経ちました。

ある日、司法過疎の実態をはじめて知ったときに、司法書士が30人もいる、特に思い入れのあるわけでもない街で事務所を開いている場合ではない!と思って、司法過疎地のひとつである、白老町に参りました。

司法過疎解消のお役に立ちたい、という強い気持ちと、それ以上に、あこがれの北海道で生きていける嬉しさでいっぱいです。だから、そんな北海道の方に貢献すべく、当事務所に出来ることを精一杯やっていきますので、よろしくお願い申し上げます。


司法書士飯山陽平及びスタッフの紹介はこちらです。
多重債務法律相談申込フォームはこちらです。
多重債務問題に関する記事の目次はこちらです。